山内 翔太

建築プランナー

#13 山内 翔太 YAMAUCHI SHOTA

千葉大学 工学部建築学科卒業 /  2013年入社

リノベーションをもっとスタンダードに

実家が看板屋をやっていたこともあり、幼い頃からものづくりに興味を持っていました。大学の進路選択のタイミングで建築の分野に進み、徹夜で設計コンペに取り組んだりと、建築漬けの学生生活を送っていました。
就職活動では、学んだことを生かせる建築業界で「稼げること」と「伸びしろがある」ことに加え、「成長出来る環境があること」を軸に進めました。
そんな中でこの会社の存在を知り、愛知のベンチャー企業にも関わらず東京や大阪でも採用活動を行ったり、当時先駆けともいえるリノベーションを会社の事業として押し出しているといった点で、これからどんどん成長していく企業であると強く感じ入社を決意しました。

仕事のやりがい・面白みは何ですか?

コピー&ペーストの仕事がないこと。これに尽きます。リノベーションの仕事は、お客様が購入された物件の特徴やデザインの好み、生活スタイル、予算など同じ条件であることは100%ありません。
常にお客様にとってベストな提案を模索する。
これが非常に大変ですが、この仕事の一番面白いところです。

どんな人に向いている会社だと思いますか?

「自分から教わりにいける人」、「学習意欲のある人」だと思います。
向上心を持ち、上司や先輩社員からのアドバイスを柔軟に吸収し、自分の業務に反映できる素直な人にピッタリな会社です。

これから仕事を通してやり遂げたいこと、 目標やビジョンを教えてください。

リノベーション部門であるKULABOの最終的なビジョンとしては「中古×リノベーション」という住宅の購入方法を、お客様が当然のように、選択肢の一つとして認識して頂ける環境を作り上げる事です。その環境を作り上げ、数ある会社の中からKULABOを選んでもらうための強みを、KULABO全員でつくっていきます。
個人の目標としては、現在リノベーションの施工をメインでやっているので、今後はデザイン・提案力を身に付けたいと思っています。
そして最終的には、リノベーションに関わる仕事内容の全てを高いレベルで習得していきたいと考えています。

入社を決めた理由は何ですか?

まずは、これからの建築業界において成長していくであろうリノベーションを積極的に手掛けていたこと。そして1年目から仕事を任せてもらえる環境であり、その成果に伴う報酬がしっかりあることに惹かれました。また、面接後に実際に働いている社員と面談した際、この会社がどんな雰囲気なのか、実際の仕事内容はどうか、どんな気持ちで働いているかといった生の声を聴き、「自分もこの人たちと働きたい!」と明確に思うことができた唯一の会社でした。