小新  拓弥

不動産コンサルタント

#01 小新 拓弥 KOSHIN TAKUYA  /  部長

関西大学 環境都市工学部卒業卒業 /  2013年入社

モノを売るのではなく"心"を動かす

学生時代は都市計画を専攻し、造形物を見ることが好きで世界各国に建築物を見に行っていました。そのため、就職活動においても建設や不動産関係の仕事を中心に企業探しをしていました。その中で刺激的で、面白そうな会社を見つけては選考に進み、トータルで6社の内定をもらいました。
しかし「どの会社を選択することがベストなのか・・・」と、いくら考えても答えを見つけることができず、なかなか会社を決めることができませんでした。そんなときに出会ったのがアップウィッシュでした。
説明会の中で、企業の考え方やビジョンに惹き付けられ、「モノを売るのではなく"心"を動かす」という言葉に鳥肌が立ったことを覚えています。
石川県生まれで、愛知県には観光でしか来たことありませんでしたが、会社の場所を気にすることもなく、一気にこの会社に惹かれ、入社を決めました。

この会社の良い点はどこですか?

常に新しい事にチャレンジし続ける風土があることです。例え急成長した会社であっても、時代に合わせた変化を怠ると、簡単にその存在意義を失ってしまいます。アップウィッシュが30年の歴史を創り上げてこれた理由も、その変化に柔軟に対応してきたからこそだと働きながら実感しています。
そして、その変化の中で自分自身もチャレンジし様々な経験を積むことで、確実にスキルを身に着ける事が出来ています。

仕事のやりがい・面白みは何ですか?

お客様にとって最良の提案が出来る会社としてあり続けられるよう、自身が原動力となって会社全体の成長に寄与していくつもりです。ひとつの店舗、ひとつのエリアでの成長ではなく、会社全体として成長出来るよう、経験を更に積み重ね、それを自分の役割として担っていきたいと思います。また社員全体が自己成長出来るよう、研修やスキルアップの仕組みを整えていくことで、更にチャレンジ出来る会社にしていきます。

思い出に残っている仕事のエピソードは?

「家を売りたいだけでないことを感じたから、小新さんだから買ったんです」と言っていただいたことです。
特別な提案した訳でも、弊社だけのサービスだった訳でもないにもかかわらず、お引渡しの際にお客様から言っていただきました。その時に意識していたことは、もし目の前のお客様が自分の友達や家族のように身近な人だったら、その家やその買い方を心から勧めるだろうかということ。そういった仕事に対する想いが本当の意味で伝わったと実感できた経験でした。今でもそのお客様に胸を張れるよう、仕事をする上での心構えとして大切にしている思い出です。

どんな人に向いている会社だと思いますか?

「自己成長」は人生において、お金では買えない自分自身の財産となります。
お客様の人生に深くかかわり、この仕事を通じて得る「ありがとう」の言葉もまた、思い出となる財産です。
そんな働き方にワクワクする感情を持つ方と、是非一緒に働きたいです。