井上 知美

インテリアコーディネーター

#14 井上 知美 INOUE TOMOMI

名古屋女子大学 短期大学部卒業 /  2014年入社

チャレンジを夢で終わらせない会社

大学卒業後、インテリアショップに就職しました。そこでの仕事内容はインテリアアドバイザーとしてお客様のご要望を伺いながら、家具や照明、絨毯などの商品でお部屋のコーディネートを提案していました。5年間の販売経験を重ねていくうちに「部分的ではなくもっと住まいに関わるトータルコーディネートをしたい!」と思い、住宅会社への転職を考えました。
転職にあたって私がこだわったのは、自由度の高い住宅のインテリアコーディネートができる仕事であること。その中で見つけたこの会社は、型にはまらず常に挑戦していく活気あり、みんなで会社を作っていこうというエネルギッシュな社風があるという第一印象。
住宅会社だからというよりも、社風に惹かれて面接に行き、そこで自分自身の考えと合致する部分が多く、すぐに入社を決断しました。
住宅のインテリアの経験がなかった私にも、やる気を判断してスキルアップの場を与えたいと話してくれたのはこの会社だけでした。これまでのキャリアに捉われず、私自身の志向性や適性を見てくれる会社であったことが、自身の成長を促してくれた要因と感じています。

この会社の良い点はどこですか?

志の高いメンバーが多く、みんなで意見を出して真剣に話し合いができる環境がいい点です。更に、営業、設計、インテリア、施工担当が一緒に仕事をしているので様々な知識を身につけられる点も、私たちの組織の魅力だと思います。
チームとしての一体感が強く、何でも相談でき、お客様の要望を叶えていこう、感動してもらおうという団結力があります。未経験だったため、入社前には不安もありましたが、実際入ってみると経験豊富な先輩や上司が多く、安心して仕事ができています。

仕事のやりがい・面白みは何ですか?

自分の仕事に責任を持つことで、自由度の高い仕事ができる点です。もちろん、個人としてきちんとやり遂げなければいけませんが、自分なりに考えて取り組めるためひとつ1つの仕事が新鮮で面白みを感じます。
また、様々な経験ができるため知識を蓄え、新しい経験ができるようになると、自分の成長とともにやりがいを感じます。

思い出に残っている仕事のエピソードは?

型にはまった住宅ではなくお客様の個性を活かしたお家創りができる為、毎回新鮮な気持ちでお客様の要望を汲み取りデザインをしています。型がない分、お客との打合せ以外にも資料収集や新規業者の開拓など仕事が多岐に渡ります。
その様な環境で長い打ち合わせをしてきたお客様からお引渡し時に「自慢の家です」というお言葉を頂いた時は、本当に嬉しく、モチベーションに繋がります。

これから仕事を通してやり遂げたいこと、 目標やビジョンを教えてください。

自分自身の仕事を極めていくことはもちろん、自分の知識・経験を活かし、これから入社してくる方の育成にも積極的に携わっていきたいです。お客様からも会社からも“私に任せたい”と思ってもらえるスキルを磨き、新たな価値の創造にチャレンジしていきたいです。
今は新築住宅のコーディネートを担当することが多いのですが、これからはリノベーションの空間コーディネートにも取り組むなど、幅広いジャンルで知識・経験を積み、暮らしの質を向上させ、お客様の理想を越える家造りができるインテリアコーディネーターになることが目標です。