久田 栞

建築デザイナー

#01 久田 栞 HISADA SHIORI

京都建築大学校/放送大学 教養学部卒業 /  2013年入社

欲張りの私にぴったりの会社

幼いころから建築やインテリアが好きで、大学では建築を学びながら、二級建築士やインテリアコーディネーターなど様々な資格を取りました。就職活動中は『成長』を軸に、主に大手の住宅メーカーを見ていました。
しかし、就職活動が進むにつれ、違和感を覚えるようになりました。それは大企業という組織で「本当に自分のやりたいことができるのか? 成長できるのか?」という疑問を感じるようになってしまったからです。
「会社の歯車になっていくのではないか」「自分が成長できる会社とは何だろう」と考えているうちにこの会社に出会い、事業内容や会社の展望を聞くうちに「ここしかない!」と感じました。設計にもインテリアにも興味がある! 新築だけじゃなくてリノベーションもやってみたい! そんな欲張りな私にぴったりでした。

この会社の良い点はどこですか?

新入社員でも新事業のメンバーとしてプロジェクトを進めたり、新しいアイディアが浮かべば、どんどん周りに発信していける環境がある事です。また、研修も多く、不動産や建築の知識はもちろん、ビジネスで必要なスキルもフォローしてくれます。
定期的に参加する研修ではスタッフ同士の交流がより深まったり、みんなと話をする中で今よりももっと上を目指したいという気持ちが毎回強くなります。

仕事のやりがい・面白みは何ですか?

お客様の「住」に関わる仕事なので動く金額も大きくミスが許されません。しかし同時にお客様の「理想」を形にする仕事でもあります。当社の設計士は、ひたすら図面を描くのではなく、実際に担当営業と共にお客様との打ち合わせにも同席します。その際にお客様の希望を自分の中に落とし込み、どの提案が一番喜ばれるかを想像しながらプランを作る時間がとても楽しく、自分はやっぱり設計が好きなんだと実感します。お客様と各部門のスタッフと共に作り上げていくからこそ、やり遂げた時の達成感が一番のやりがいに繋がっています。

仕事で大変だったことはありますか?

注文住宅のお客様の設計だけでなく分譲住宅の計画から申請も行っているため、物件が増えると仕事量が増え大変な時もあります。そんな時は、設計チームで協力し合い乗り越えています。チームとして風通しがよくみんなで頑張っていこう!という気持ちで働いているので困難な課題に直面した時も前向きにチャレンジできます。

入社を決めた理由は何ですか?

選考が進み、実際に働いている社員や社長との面談を繰り返す中で、自分が働く姿が明確に想像できました。仕事に対してワクワクしたり、新しいことにどんどんチャレンジできたり・・・そんな魅力を感じれる会社はこの会社だけでした。
また、内定者懇親会で、「成長したい」「活躍したい」など、向上心のある同期に刺激を受けたのも入社を決めたきっかけのひとつです。まだまだ成長途中の会社ですが、挑戦できる環境、任される仕事に魅力があるこの会社は、一緒に成長していきたいと思える会社でした。