社員

不動産
コンサルタント

YAMAUCHI SYOTA
千葉大学 卒業
2013年入社

リノベーションをもっとスタンダードに

可能性を切り開いていく力

実家が看板屋を経営しており、子どもの頃からモノ作りに興味を持っていました。大学の進路選択のタイミングで建築に興味を持ち、大学ではその分野に進み、徹夜で設計のコンペに取り組んだりと、ほぼ建築一色の学生時代でした。そして、就職活動では、お客様の要望を聞きながら一緒に作っていく住宅に関わる仕事を志望し、企業選びをしていました。お客様の顔が見えない不特定多数の方に向けて同じようなものを作り販売していくマンションよりも、特定のお客様と一対一で関わり、身近で大切な住まいを一緒に作っていくことが魅力的だったからです。しかし、就職活動を進めていくうちに、ありきたりな新築住宅に疑問を感じ始めました。そこで、さらに会社研究をする中で興味を持ったのが不動産再生としてのリノベーションでした。

社員

社員

一人一人が経営者のような面白さ

採用ナビで「リノベーション」というキーワードで検索したところ、アップウィッシュを見つけました。今後の不動産市場が中古ビルや住宅を活用していくというストック型へシフトすることを見込み、リノベーションのマーケットに注力しており、枠にとらわれることなく、スピード感を持ってリードしていく会社としての「先見性」のようなものを感じました。そして、この会社は自分のやりたいことが早く経験でき、普通の住宅会社とは違う建築という仕事でも「稼げる」という軸が自分の考えにぴったりでした。さらに決め手となったのは先輩社員との面談でした。私と年齢が近いにも関わらず、指示されたことを行うだけの会社員というよりも自分で考えて行動していく経営者のような感覚を持った面白さを感じ、このような人といっしょに働きたい!と思いました。

常に新しいことへの挑戦にワクワク

実際に入社してから安心したこととして、役職問わず相談したり、話し合うことができ、互いに尊重し合うようなフラットな社内体制があったことです。学生時代にチームで設計をする際、年齢が違ってもフラットな人間関係だと、自発的にみんなが意見を出し合いながら気持ち良く取り組めました。そうした環境で仕事をしたいと思っていたため、さらに魅力的な環境だと感じました。先を見通す力と発想を生み出していくような風土がとても大好きです。若い私達にも成果を出すことで次々に新たなチャンスを与えてくれるため、多くのことが学べ、みんなが仕事をする中で成長しながら働いているのだと感じます。今のチームでもリノベーションの工事の質についての改善や目標に対する施策などの意見が活発に飛び交っています。挑戦できる場として、私自身も新たに作り上げるリノベーションスタジオの立ち上げの中心メンバーとして携わりました。これまでにない形態の出店ということで会社としても初めての取り組みでした。立ち上げということで、通常の業務と同時並行で進めていくため、忙しさは2倍でしたは、不安というよりも、もっと私達のリノベーションを広めることができるという期待のほうが大きかったです。工事の予算計画からからオープン後の運営、売上予測など半年後には黒字事業になるところまで落とし込んで考え、みんなで苦戦しながらもひとつずつ具体化させてオープンさせました。どんなに大変なときでも変化する状況に応じて、とにかく前向きに取り組む姿勢や新しい事に興味を持って仕事をするメンバーばかりなので、私もこの挑戦できる環境を楽しんで、まずこのエリアNO.1となるリノベーション会社を、目指していきます。

社員

一覧へ見る