社員

建築
プランナー

NOGUCHI TOMOMI
2010年中途入社

ひとつひとつの経験が自分の武器となる

自分達で会社の仕組みを作っていく楽しさ

アップウィッシュに入社する前は、大学卒業後大手のゼネコンへ入社し、中高層ビルの施工管理職として勤務していました。元々建築が好きだったので、常に全力で業務に向き合っていました。しかし、大きな企業だったので、会社は年功序列でした。数年働いていくなかで新しいものが得られず、自身の今後のキャリア形成のスピードに対してこのままでいいのかという疑念がわいてきました。業務としては早い段階から現場を一人で任せてもらい責任感のある仕事でやりがいがありましたが、日々図面と予算書を見つめ合う日々でした。そしてもっとお客様と話したいという思いが強くなっていたときに、この会社に出会いました。お客様と打ち合わせをしながらプランも考えていくという仕事内容はもちろん、若い社員がみんなイキイキと働いている姿を見て、ここだと思いました。実際に働いて仕事だけでなく、若い社員が多い分、自分達で仕組みを作っていくことの面白さとやりがいを感じています。

社員

社員

物件との出会いは毎回ワクワク

現在の仕事はリノベーションは、お客様の想いやその物件の活かし方を考え、カタチにするものです。 例えば毎回初めての方にお会いするときどんな方なんだろうとドキドキワクワクしますよね。 リフォーム物件も同じ、初めて物件を見るときにどんな風に変えたら一番その物件が活きるのかワクワクしながら見に行き、 ワクワクしながら物件のことを知っていきます。更地から新築を建てることとは異なる難しさがあります。 現場によって物件も課題もお客様の希望も千差万別です。 だからこそ面白さがあるし、自分の対応力もどんどんレベルアップしている手応えがあります。

目標がどんどん広がる場所

今リノベーションチームをまとめる責任者として、第一にチームの雰囲気を大切にしています。 メンバーが自主的に動けるようにメンバーから相談を受けたときは必ず作業を止めて、手をひざに置く姿勢で傾聴力に徹しています。 そうすると意見が活発に出て、いい意見が生まれます。やはり自分がサポートしたメンバーが自分で考え目標を達成し喜んでいる顔を見るのは、 自分のこと以上に嬉しいものがあります。実際にこの一年で部署の売上が3倍に伸び、メンバーも目に見えて成長しています。 目標にすることも数字だけでなく、昨年受賞した会社で一つ表彰されるベストグループ賞を今年も取りたいと思っています。 徐々に人数も増えてきて、これからどんなことができるかを考えると心からワクワクします。今後はさらなる店舗拡大やブランディングを行っていき、 シェアハウスや商業施設などのリノベーションもやっていきたいです。その後はKULABOを一つの会社にすることを目指しています。 アップウィッシュで仕事をしていると新しい目標がどんどんと生まれてきて、メンバー全員で一丸となって達成しようとする。 そんな常に変化を楽しんでみんなで向上できる環境が気に入っています。

社員

一覧へ見る