社員

不動産
コンサルタント

KOGEN TAKAFUMI
2関西大学 卒業
2014年入社

挑戦次第でどんな自分にもなれる

挑戦心を掻き立てる会社

私は企業選びのときに住宅業界にこだわりがあったわけではなく、「自分に仕事を任せてもらえるか?」「成果を正しく評価してくれる成果主義の会社か?」といった観点で全国の企業を視野に入れて就職活動していました。何社か選考に進むにつれて、自分の能力を最大限に発揮するためには、大手企業のような年功序列な評価制度ではなく中小企業のような若いうちから活躍できる会社だと気付きました。そんなときに逆求人の就活イベントでアップウィッシュと出会いました。説明会でアップウィッシュの話を聞き、「なんておもしろい会社なんだ!」と感じたのがアップウィッシュの第一印象。人事担当から直接会社についての説明を受け、こんなにも挑戦的で若いうちから他社の何倍もの経験ができる会社があるのか!とさらにワクワクしたのを覚えています。それからはこの会社で自分がどれだけ出来るのか挑戦したいと思い、選考に進むにつれさらに楽しみになりました。

社員

社員

試行錯誤と改善を加え続ける社風

入社の決め手は、若いときから自分が挑戦できる場があると感じたからです。選考中に若手の先輩社員とお話をしたときに、他社では30代で任せられるような不動産査定や買取り、または新規店舗立ち上げといった責任のある仕事を、新人のうちから任せてもらえると聞き、圧倒的な自己成長を望む自分にピッタリだと確信しました。また、同期との出会いも決め手になりました。内定者懇親会で一人一人と話をしたときに、既に全員が新人賞獲得や店長になりたいといった高い目標を持ちこの会社を選んだと知り、負けていられないという気持ちと共に「この仲間たちと一緒に働きたい!」と思うことが出来たのです。実際に入社して、ときには仕事やプライベートで疲れているときも、自分のことのように相談に乗ってくれる同期は良きライバルでもあり、信頼できる仲間でもあります。これは同期だけではなく会社全体の社風にも通じていると思います。アップウィッシュの社員は、みんな自分さえ良ければよいといった考えではなく、会社全体が良くなるようにという思いで考えながら仕事に取り組んでいます。最近では、他部署との意見交換や現状共有をする全社のディスカッションも定期的に行っています。そのように普段から社員イベントなどで他部署の社員とも話す機会があるため、先輩・後輩関係なく意見を言える機会があります。妥協することなく常に改善を加えるこの社風は、アップウィッシュが業界で成長し続けている理由でもあると思います。

努力次第で、どんな自分にもなれる

今では新人賞を頂けるようになりましたが、入社してから売れない時期がありました。そんな自分を変えたいと思っていたときに今の店長と出会いました。仕事とお客様に対しての誰よりも熱いその想いに共感して、事細かに相談するよう徹底しました。それからは自分でも驚くぐらい次々と成果が出ました。そこで学んだのは当たり前のことを一生懸命やり、店長や先輩を頼りにして積極的にアドバイスを聞くことの重要性です。アップウィッシュでは、店長や先輩方が常に自分を気にかけてくださり、しっかりと指導してもらえる環境なので、新人でも自信をもってお客様と向き合う事が出来ます。今の自分の目標は、営業の中で年間成績1位を獲ることです。また、入社時に決めていた3年でマネジメントの役職に就くという目標も叶えていきます。そして現在着実に進んでいる県外出店を機に、会社を自分の力で大きくしていきたいです。

社員

一覧へ見る