社員

施工管理

ITO DAICHI
神奈川大学工学部 卒業
2014年入社

オンリーワンの存在になりたい

第一線で働いていたい

大学では建築を専門に学んでいました。卒業後は建築業界の中でも現場の雰囲気を肌で感じながら直に建物の建設に関わりたいと思い、施工監督を希望しました。また、同時にたくさんの経験を積みたいと考え、着工棟数の多い企業への入社を決めました。しかし、前職での仕事は大手で仕組みが整っている分、マニュアル通りの「建てる」ルーティンワークが基本でした。毎日が同じことの繰り返しとなり、自分にとって知識が増えている実感がなく、棟数の経験が増えても、知識やスキルが高まっている感覚を感じることができず、働いて3年経ったときに物足りなさを感じました。そして、より幅広い経験と知識を高めていける仕事に挑戦したいと思い、発展途上中の会社を中心に、転職活動を始めました。そして、この会社に出会い、住宅に関して多様な独自ブランドを企画しながら展開していること、着工数を着実に増加させ成長している点に惹かれ、選考に進みました。そして面接での話や実際に社員が働く現場を目の当たりにして、多くの若い人が活躍し、自分自身を飛躍させることができる環境と感じ、入社を決意しました。前職では建売住宅の施工のみしていたので、完成すればその住宅との関係は終わってしまっていましたが、アップウィッシュではお客様への引き渡しの際にコミュニケーションを取ったり、アフターメンテナンスへの立会い機会があるので、自分の建てた家とオーナー様と長期的に付き合うことができるのも、決め手の一つでした。

社員

社員

挑戦するからこそ、できるからこそ成長する

アップウィッシュの好きなところは、自分自身で成長できる機会を作つくることができるところです。私も入社してすぐに、施工管理のマニュアル作成や、工事に関わるパートナー企業との金額交渉なども行いました。また最近では新ブランドの企画にも主力メンバーとして携わり、様々な提案をしています。このような新しい機会を多くもらえるのは個人として大きく成長できるチャンスです。アップウィッシュはこうしたチャンスに向かって諦めずに粘り強く取り組んでいる人が活躍できる場だと思います。また社内の雰囲気は明るく、仕事は真剣に取り組みつつも楽しむときは思い切り楽しむという社風です。普段から社員全員集まっての会議や季節ごとのイベントもあり、お互いに「もっとこうしてほしい」といった要望も遠慮なく伝えあう事が出来るので、他部署のメンバーと仕事をする度に自分の仕事に対する気付きが得られます。

オンリーワンの存在になりたい

注文住宅はお客様の想いと時間が詰まった集大成だと思っています。お客様に満足して頂くためには、私たち施工担当だけでなく、営業・インテリアコーディネーター・設計士など各部署の連携が必要不可欠です。設計士がいくら完璧だと思う設計をしたとしても、お客様の期待に応えていなければ満足には繋がりません。そして、そのお客様の期待や求めるものに応えることは、微妙な感覚までマッチさせる必要があります。だからこそ、お客様からお褒めの言葉を頂けた時は、仕事が認められたという気持ちになります。今、私が掲げている目標は、お客様・仲間・パートナー企業に「どこの誰よりもあなたに任せたい」と思って頂けるような存在になることです。お客様からも会社からも業者さんからも信頼して頂けるような、期待以上の仕事をするように日々意識しています。

社員

一覧へ見る