社員

建築ー
プランナー

INOUE TAKAHITO
滋賀県立大学 卒業
2014年入社

刺激で溢れている空間

想像していた職場風景とは違った会社

学生時代はとにかく多くの経験をしたいと思い、学校の授業以外に様々なの建築プロジェクトに参加していました。イオンでのクリスマスショーウィンドー作りやアスレチック作りなど、その中でも一番思い出に残ったプロジェクトは、震災での東北復古支援プロジェクトです。離れてしまった家族が集まれる集会場を設計図から確認審査、基礎組立など一から自分達で作りました。そのとき学んだ建築知識は今でも役に立っています。知識だけでなく、震災の現状、人々の温かさを知ることが出来、人としても成長できる場として、初めて会う方とコミュニケーションを取って、仕事を進めていくことの難しさややりがいを知ることができました。その経験から就職活動でも、若いうちから自分の意見を言うことができ、多くの経験をして早く成長できる会社に入りたいと考えていました。あとはリノベーションに携わる仕事をしたいということ。元々海外の建築が好きで今ある建物を活用して、自分だけのオリジナルの住まいに変えてしまうというリノベーション業界に興味がありました。この二つの軸をもとに企業を探しておりました。アップウィッシュは、会社の雰囲気がとにかくみんな明るくて、よく想像されるような黙々と仕事をしている風景とは全く異なり、みんなが意見を活発に言い合える環境があり、すぐにここに入社したいだと思いました。入社後も印象通りメンバーそれぞれ個性豊かで、自分が知らないことや考えもしなかったことなどが多くあり、周りのメンバーとの環境が自分をさらに成長させてくれます。

社員

社員

圧倒的なスピードで成長してきたから
広がる無限の可能性

入社一年目からリノベーションスタジオKULABOの新店舗の立ち上げなどの多くの重要な仕事を任せてもらえ、日々新しい知識を得ることができて、毎日会社に行くのがワクワクします。分からないこともありますが、上司や仲間の支えがあり、そこを乗り越えた時に自分の成長を実感することができます。まだ若い会社なので未熟なところもありますが、どこの会社よりも成長する見込みがあると感じています。メンバーの自分達でも会社を変えていくことができるところが、さらに仕事のモチベーションとなっています。やはりお客様の笑顔を見る事が仕事のやりがいであり、リノベーションの打ち合わせをしている時のお客様の夢膨らむ笑顔を見ると、どれだけ疲れていてもがんばることができます。ただ、その笑顔が打ち合わせ時だけではいけません。お引き渡しが終わってからもお客様の笑顔を見るには、しっかりとした現場監督をすることも必要で、多くの知識が必要です。そのためにも日々、多くの知識を吸収できるよう視野を広く持ち、学ぶ姿勢を持つようにして仕事をしています。グループの人数も増え、メンバーもただ仕事をしているのではなく自分のやりたいことを一人一人持っているので、提案の可能性もさらに広がっていくこのメンバーといっしょに作る仕事のこれからを考えるとワクワクします。

シナジー効果で、新たな収益の柱を

現在は、リフォーム・リノベーション設計、営業を行っています。リノベーション事業は、当社グループ内では今後の可能性が期待されている分野です。この事業をしっかりと愛知に確立させることが、直近目標です。これまでリフォーム・リノベーション事業で培ってきた空間デザイン力、そして自社の不動産流通、買取分譲事業の連携、これらをすべて統合し、リノベーションを会社の新たな収益の柱として構築していきたいと考えています。予算内で理想の暮らしをとことん追求し、世界に一つだけのこだわり空間をカタチにする。規格品ではなく企画品を提供するリノベーションは、業界に新風を吹き込み、世の中に大きなインパクトを与えることになるはずです。そして関西、関東に展開していき、リノベーションスタジオKULABOをどんどん有名にしていきたいです。

社員

一覧へ見る