社員

建築
プランナー

AOKI KAZUAKI
名城大学 卒業
2014年入社

職場での経験がより質の高い成長の源泉となる

誰でもいい仕事はしたくない

学生時代から将来自分の力で勝ち残っていくためには、自身のスキルアップが必要不可欠だと思い、自分の長所や趣味を活かしてアクセサリーの作成販売や出張パーティーなど、多種多様なイベントの企画や運営をしていました。どんなに小さなイベントでも目標を決め、ニーズのリサーチや予算の計算や管理を徹底的に行い、社会人のような仕事に対する姿勢を身につけようと考えて行動していました。どんな会社で働きたいか考えたとき、“普通の社会人”になりたくないという漠然とした思いがありました。自分自身は数年後どうなっていたいか。会社や世の中に対して、本当に自分がいたからこそ生まれた価値をつくりたい。ただ会社へ行き、決まりきった仕事をこなすだけで終わるような毎日は、自分の理想とかけ離れていたのです。まずは自分自身が早く成長できる会社で働きたいと考え、若いうちから仕事を任せてもらえるような中小企業を中心にエントリーしていたのですが、アップウィッシュは面接の段階から「この会社は何か少し違う」と直感的に感じました。なにより人事の人と「面接」しているより「会話」をしているという感覚が強く、お互いの考えを知ることができ、「ここなら自分の望んだ環境がある!」と思い、入社を決断しました。内定後の懇親会で働く社員の方々と直接話した時も、仕事の話をしている全員の表情が楽しそうで、この仕事にやりがいを感じていると感じたのもきっかけの一つになりました。

社員

社員

競い合い、支いあえる仲間達

アップウィッシュでは早い段階から仕事を任せてもらえる機会が多く、自分の成長スピードが速いと感じます。もちろん慣れてくるにつれて、より責任重大な仕事も若い時からこなしていくことが求められますので、常にプレッシャーとの闘いは避けられません。そんなプレッシャーにときにはめげそうになることもあります。そんなときに、部署の壁を越えてでもサポートしてくれるメンバーの存在はとても大きく、今まで何度も支えられました。こうした本当の意味での一致団結しているところはアップウィッシュのよさだと思います。困っている人がいたら、自分のことを置いといてまで助けてくれるスタッフでいっぱいです。もちろん馴れ合いで仕事をしているというわけではありません。常に同期や先輩がライバルといった意識もあります。それでも誰か困っている人がいたら、全員で手を差し伸べて助け合う…そんな雰囲気があります。

経験値を積むことが
将来やりたいことの土台になる

私は現在「リノベーション住宅」の打ち合わせや設計、施工管理を主な仕事としています。リノベーションではインテリアや工事の知識はもちろんのこと、物件探しからのお客様の場合、不動産・税金・住宅ローン等の知識も必要になってきます。覚えることが多く大変ではありますが、一つ一つの知識や経験が結びついて、お客様にとって最高の選択肢を提案できることは、この仕事だからこそできることだと思っています。一人一人に合わせた最高のプランが提案できるのは非常にやりがいを感じます。もっとお客様と一緒に最高の家をワクワクしながら創り上げていきたいです。そして将来のライフプランも一緒に考えながら打ち合わせを重ね、一緒に最高のお家を作り上げていく上で、お客様もみんなが家族のような気持ちでお話しできたら最高です。

社員

一覧へ見る